<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.07.25 Wednesday  | - | - | 

Murakami Diary 2009

Murakami Diary 2009 (Diary)
Murakami Diary 2009 (Diary)
Haruki Murakami
村上春樹の小説世界を堪能できる、2009年用の手帳である。
ページからページへと散歩する猫、季節の移りかわりを知らせる桜や紅葉、ふと目をこらしてみると、日付と日付の境界線がスパゲッティや電話線だったり――。村上作品でおなじみのアイテムたちが目を楽しませてくれ、そこかしこに引かれた小説からの印象的なセンテンスは、そのページを開いたものの一日をさまざまに彩ってくれる。
村上作品のエッセンス──ウィットに富み、シュールでいてセクシー、そしてもちろん美しい──が詰まったこのユニークな手帳は、持つもののかたわらで個性的な魅力を発揮し、彼のファンはもちろん、アメリカ・ヴィンテージ社の本の作りや、風変わりなデザインを愛する人にも、きっと、重宝されることだろう。
JUGEMテーマ:日記・一般

なかなか興味深いものを見つけましたが、村上春樹ファンには
たまらない一品(?)では。日本語版も欲しいところだけど、
これはこれで完成されていていいのかも・・・。
これはと思った言葉なんかを書き留めるなど、手帳としてだけ
ではなく、いろいろと使えそうな気もします。
というか、ファンならきっと持っているだけで幸せな気持ちかも。
2008.10.17 Friday 19:03 | - | - | 

えんぴつで奥の細道

こういうもの、見つけました。

えんぴつで奥の細道
えんぴつで奥の細道
大迫 閑歩, 伊藤 洋

元禄二年(一六八九)の早春に出立、日光、平泉を巡って日本海に出、
金沢を経て大垣にいたるまでの一六〇日の大行脚。芭蕉がもっとも強く
心血を注いだ散文『奥の細道』を深く味わう、まったく新しいテキストブック。
書き写していくと、自分だけの「奥の細道」が完成(?)。
でも、学生の頃に戻ったような気持ちになって、こういうことをしてみるのも
いいかなぁと思いますね。
義務感でなく、あくまでも趣味で、そして自分のペースでやるなら、
楽しいものになりそう(特に「書く」ことが好きな人だと)。
私はかなりやりたくなってます(リハビリ?)。


読書 般若心経もあります

脳いきいき!般若心経硬筆写経帖
脳いきいき!般若心経硬筆写経帖
藤堂 憶斗, 大瀧 象鳳

硬筆なので手軽に出来そう。
2006.03.14 Tuesday 10:59 | comments(0) | - | 

月のリズムで暮らす

いろいろと来年のダイアリーが出ていますが、今回はムーン・ダイアリーを
ご紹介しようと思います。
ムーン・ダイアリーというのは、月のリズムに合わせた生活をするというもの。
人間は月の影響を強く受けるといわれていますが、女性は特にそのようです。
月と人との関係って侮れないものだと私は感じたりもしてますが。

今年は「Moon book」を使ってみたんだけど、来年はどちらにするか、
思案中です。


ムーン・ダイアリー’06
ムーン・ダイアリー’06
松村 潔

月の満ち欠けと月が運行する星座を記載した見開き1週間タイプのスケジュール帳。西洋占星術では「新月時に目標を立てると満月時に成就する」と考えます。月のサイクルを利用して開運できるよう、新月時・満月時の書き込み欄や日替わりの行動指針、ボイドタイムを記載。

Moon book (2006)
Moon book (2006)
岡本 翔子

月のリズムで暮らすヒントが満載 2006年版ダイアリー
◆月の満ち欠けカレンダー
◆月の星座別
幸運を呼ぶレシピ/満月・新月の過ごし方/アロマテラピー
行動を起こす際のヒント/女神からのメッセージ etc.

234-60_christmas_01
2005.12.14 Wednesday 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |